>

近視を予防する行動

この記事をシェアする

普段からできる近視の予防

子どもの近視は、ゲームやスマホを長時間する子どもと外で遊ぶ子どもとを比べると、やはり前者の方が多いという結果になります。
近くの物ばかりを見るのではなく、外に出て景色をみたり運動をしたりする時間を増やすことが目に優しく、近視の予防に役だつといえます。
子どもは外で遊べとはよくいったものですが、いろんな意味で適切な言葉だったのかもしれませんね。

目の疲れをとるためには温めるのも大事です。
若い人はシャワーで済ませる人も多くなっていますが、お風呂に使って血行をよくし疲れをとるようにしましょう。循環をよくして目にも蒸しタオルなどを置いていたわるのを忘れずに行うと良いでしょう。
しっかり睡眠をとり、体とともに目も休めることが近視の予防にとっても健康自体にとっても有効です。

子どもの食事に気を付けよう

成長期の子どもにはとかく食事にはうるさい人も多いかと思われますが、目の栄養に特化した食事というものもあります。
基本的にはバランスのとれた食事が目の健康・視力に大きく影響するといえます。
目の老化防止に良い栄養は、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。
これらが多く含まれている食品群が、順ににんじんやホウレン草・ニラ、レモン・いちご・じゃがいも、ナッツ・アーモンドです。
眼精疲労にはビタミンB群をとるのが良いとされています。
疲労回復にいいという側面がありますが、眼精疲労にもきくのですね。
また視神経の活動を高める役割もあり、視力低下防止に寄与します。
ビタミンB群は豚肉やレバー、卵、しじみなどに多く含まれていますね。