>

視力低下の原因を探る

この記事をシェアする

子どもの視力低下の原因とは

親の遺伝ではないかという説がありますが、確率論としてはありえます。
しかしながら、親が強度の近視であるならば子どももそうである、という結果は一律に出てくるものでもありません。
環境要因も大きな原因とされます。
視力の異常は加齢によるものがメインではありますが、子どもの場合は成長期における影響が多大です。
現代人はパソコンやスマートフォンの使用が必須となっており、日々目を酷使するようになってきました。これは子どもにも浸透しています。タブレットをみたり、スマホをみたり、ゲームをしたり…小さい画面を凝視するという姿勢が長く続く時間が増えています。
こうした眼球の酷使によって疲労がたまり、視力の低下を引き起こします。

眼科で視力を回復できるのか

近視によって視力が低下した場合、視力回復ができるかというと難しいものがあります。
レーシック手術によってレンズをはめこむことによって回復することはできるようになりましたが、手術なしで視力回復は厳しいでしょう。
ですが、近視の状態によっては視力回復は可能です。
いわゆる仮性近視の場合は治療ができます。
仮性とは、一時的にピントが戻らなくなった状態です。
子どもの場合はピント調節が近くによりやすい状態であり、さらにスマホ操作などによって仮性近視の状態になっていると思われます。
このように強度の近視ではなく、一時的なものであれば眼科の処方する目薬で治療が可能です。
眼球の筋肉をゆるめてあげることでピント調節を適正にします。